伝統的な「アーダミス」は、モネンヴァシア城の最も重要な建物の中にあり、その歴史は、大昔に遡ることができます。それは、2人のビザンティウム皇帝がそこに住んでいる間に、ヴェネチア時代にこの城の総督官邸として使われ、そして、オスマン占領時代に司令所として使われていました。 

この建物は、歴史に対する敬意ですべてのスペースを変更せずに大事に修繕され、その特有の建築要素が完全に保護されています。従って、すべての現代的な快適さをご提供すると共に、建物の美しさと歴史を際立たせています。この建物の復元が始まった時に、ワーカーたちが、廃墟において711という日付が付いている1個のビザンティウムコインを発見しました。そのコインは、今、世界で唯一のものとしてアテネの貨幣博物館に保存されています。
 
このゲストハウスの特別な建築の一つとして、ユニークなタワーが城の中に立っています。このタワーは、高さ14メートル、7つの窓があります。また大理石縁石付きの800年もの歴史を持っている井戸があります。コンスタンチノープル博物館にあるものの精確なコピーです。その写真も、城の博物館です。もちろん、海のすぐ上に建てられた100平方メートのユースホステルのテラスもあり、「地中海のテラス」として、多くの訪問者および多数のギリシャや外国の雑誌によって伝えられています。 

今や、このゲストハウスは、普通の部屋、スイートルームおよびアパートの素晴しいコンプレックスになっていて、歴史を現在の生きているモネンヴァシアにつないでいます。 

また、この伝統的なアーダミスゲストハウスは、新婚カップルのユニークな行き先にもなっているのです。
 
“3つのパラメータに関する照明の研究は、下記の方面をカバーすることを目指します;
 
1.光線と色の変化を利用して空間的、時間的にこの歴史的な建物を表現します;
2.太陽を囲む地球のすべての回転において、空間が光線に従って移動する心理学的、感覚的、視覚的な「エスケープ」を創造します;
3.これらの情緒的、心理学的な条件に従って、空間を形にする方法で光線による主題に応じてアクティブな条件を創造します。

言い換えれば、空間がセンセイションとロマンスに従って移動し、まるで童話のようです。